こんにちは!

8月に入りとても暑いですが、みなさまお変わりなくお過ごしですか?

朝のパーソナルトレーニングが終わって今からグループレッスンです。


【バレエやダンスでの柔軟性について】

私のクライアントさんで、バレエやダンス、他のスポーツ(新体操、ランニング、ゴルフなど)のために身体を柔らかくしたいです、という希望の方がたくさんいます。

特に、バレエや新体操は一般的に必要とされる可動域以上の可動域が必要となってきます。

目的がただ身体が柔らかくする。というだけなら別ですが、

ダンスやスポーツに生かすためには、ただ柔らかいだけではだめで、その可動域の中で適切に筋力も発揮できないといけないです。

私は得意分野がバレエなので、バレエで説明すると…、

足を高く上げてそこで終わりでは無くて、その高さをキープできて、

上げた後足を下ろす時にも、スピードが完全にコントロールされていなくてはいけない。(音楽に合わせて、早くも、ゆっくりも)

そして、準備して”よいしょっ”と上げることは無くて(美しくないですよね)音楽と動きの流れの中で、準備が見えないように自然に上げなくてはいけないですよね。

大きいジャンプの時でも、足がたくさん開けばいいだけじゃ無くて、ジャンプのための力を発揮したあと瞬時に足を開かなくてはいけない。

足を持って上げて静止するストレッチするような動きは実際の踊りの中にはあまり無くて、

そうやって動きの中で柔軟性をいかせないといけないですよね。

静止するストレッチも柔軟性アップのためにもちろん大切なのですが、

それだけでは無くて、その柔軟性を踊り(又はスポーツの動作)の中で、使えるようにトレーニングをすることが大切です♡

image
SAKI