こんにちは!

今日はバレエでも大切な足裏のアーチについて書いていきます。

【足裏のアーチのこと】

見過ごされがちですが、足首から先のコンディショニング(整えること)はとても大事です。

足首は全体重を支える「土台」となる部分だからです。

足首から先は関節、筋肉、靭帯など色々ありますが、今日は「足裏のアーチ」に絞って書いていきます。

足の裏にあるアーチは三つに分けることができますが、内側の縦アーチ(親指側)・外側の縦アーチ(小指側)・横アーチがあります。

この三つのアーチがあることで衝撃を吸収していますが、このアーチが崩れてしまうと衝撃を吸収する力が弱くなってしまいます。

(いわゆる、扁平足)

例えばバレエのレッスンで、その状態でジャンプを繰り返せば、繰り返し衝撃がかかることで足の甲が痛くなったりなどの症状が出てくることもあります。

アーチの不足から外反母趾につながることもあるし、姿勢にも関係してきます。

足の裏のアーチは蔑ろにできない、とてもとても重要な部分です。

アーチの低下を予防するためには、

足の指をしっかり使えるようにすること。
足首周りの筋肉を鍛えること。

などがありますが、パーソナルトレーニングでも小学生のちびっこから大人まで、指導する場面がよくあります。

ぜひ足裏のアーチ含む足首から先のコンディショニングも、大切にしてくださいね^_^

img_5632
SAKI